ダイエット中にお肉を食べると太るの?太らないの?

B3ダイエットトレーナー寺平義和の「てらダイエット日記」~リバウンドしない痩せ方教えます!
質問
肉を食べたら太る?友達がダイエットをしています。「お肉を食べたいけど太るから我慢してる!」と言っていたんですが肉ってタンパク質ですよね?過剰摂取じゃない限り太らないと思うんですけど太りますか?
23歳女性

 

お肉=太る

 

と、思っている方は意外に多いですよね?

 

お肉を食べると太るのでしょうか?それとも太らないのでしょうか?

 

お肉=太る?

 

答えは、

食べると太るお肉と太らないお肉がある

 

です。

 

一概にお肉と言っても様々なお肉がありますよね。

代表的なのは、牛、豚、鶏、と言ったところでしょうか。

ラムや馬肉も食べる方もいらっしゃいますよね。

 

では、どんなお肉が太りやすく、反対に太らないお肉はどんなものでしょうか?

 

 

簡単に言うと、脂質=カロリーが高いお肉が太ります。

カロリーが低いお肉は太りません。

むしろダイエットに有効です。

 

 

カロリーのお話をさせていただきます。

糖質、タンパク質は1グラムにつき4キロカロリーです。

脂質は1グラムにつき9キロカロリーです。脂質は、糖質とタンパク質の2倍以上のいカロリーがあるんです。

ということは、脂質の多いお肉は必然とカロリーが高くなるので太ります。

 

 

反対に脂質が少なくカロリーの低いお肉はダイエットに有効なタンパク質が摂れますのでむしろ食べていただきたいです。

 

 

関連記事

ダイエットの必須栄養素であるタンパク質って何?その働きとは?

 

 

お肉を食べるとダイエットに有効な理由

 

食べ物を食べると消化するために使われるカロリー(エネルギー)があります。

これを DIT(食事誘発性産熱)と言います。

 

DITは、栄養素によってパーセンテージが違います。

糖質は約6%、

脂質は約4%、

そして、タンパク質は約30%です。

 

 

これが何を意味しているか説明します。

 

例えば、

糖質を100キロカロリー食べたとします。

消化に使われるパーセンテージは6%なので、94キロカロリーを摂取したことになります。

 

脂質を100キロカロリー食べたとします。

消化に使われるパーセンテージは4%なので、96キロカロリーを摂取したことになります。

 

タンパク質を100キロカロリー食べたとします。

消化に使われるパーセンテージは30%なので、70キロカロリーを摂取したことになります。

これは、タンパク質は簡単には消化できないので消化するためにエネルギーがたくさんいることを意味します。

 

 

ということは、タンパク質を100キロカロリー食べても実際には70キロカロリーになるということです。

これが糖質や脂質だと94キロカロリー、96キロカロリーとほとんどカロリーになります。

 

ざっくり言うと、同じカロリーをとるなら、タンパク質が多いものをとったほうがカロリー(エネルギー)を消費するということです。

 

だから、糖質や脂質を食べるよりタンパク質を食べた方が摂取カロリーが減らせるのでダイエットに有効になるのです。

 

このことからも、自分の適正範囲のカロリーでしたらお肉を食べて太るとことはないということが言えますよね。

 

 

ダイエット中のNGお肉とオススメお肉

 

それでは、ダイエット中のNGお肉とオススメお肉をご紹介します。

 

<NGお肉>

脂身の多いお肉は基本的にNGです。

牛肉 … サーロイン、ばら、テールなど

豚肉 … ばら ロース

鶏肉 … 皮

 

 

<オススメお肉>

牛肉 … ヒレ、もも、レバー

豚肉 … ヒレ、もも、レバー

鶏肉 … ささみ、もも(皮なし)、砂肝、レバー、軟骨

ラム肉、馬肉は脂質が少なくカロリーが低いです。

 

 

 

 

 

また、ラム肉は脂肪燃焼効率を高めてくれるカルニチンが豊富に含まれているので特にオススメです。
ジンギスカンは野菜も摂れるのでダイエットメニューにはもってこいです。

 

 

 

これらの脂身の少ないお肉を意識して食べていただくとダイエットに有効ですので安心して食べてくださいね。

 

 

 

追記
反対にお肉を全然食べないということは、体にとって必要なタンパク質が足りなくなります。
そのことで筋肉量が減り、結果として代謝が落ちて痩せにくくなってしまいやすいので気をつけてくださいね、

関連記事

ありえない!なぜ食べてないのに太るの?その原因を解説します。

 

 

 

まとめ

 

・お肉=太るは間違い

・タンパク質を食べると消化にエネルギーをたくさん使うので摂取カロリーを減らせる

・脂身の多いお肉は太り、脂身の少ないお肉は太らない。むしろ痩せる!

 

 

 

 

この記事を書いた人

寺平 義和(てらだいら よしかず)
整体師/B3ダイエットトレーナー 村上整体専門医学院名古屋校を卒業後、同校職員を経て歴代最年少の24歳で学院長に抜擢される。2006年に独立開業、「体のバランス矯正院」代表取締役に。 B3ダイエットと出会い、9ヵ月間で113kgあった体重を40kg減量、以後リバウンドすることなく健康的な体型を維持している。 かつての自分と同じ悩みを抱える人をサポートしたいと「体のバランス矯正院」に「B3ダイエット東海スタジオ」を併設。2017年にB3ダイエットの経験とノウハウをまとめた書籍を出版、Amazonランキング・ダイエット部門他で1位を獲得した。

B3ダイエットとは?お客様の声を紹介した動画をご覧ください!

LINEの友だち追加で、書籍に掲載できなかった 【コンビニダイエット一覧表】 をプレゼント!
0562321242
 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)