ダイエットで結果を出したければ睡眠不足になってはいけない理由

B3ダイエットトレーナー寺平義和の「てらダイエット日記」~リバウンドしない痩せ方教えます!

ダイエット効果と睡眠は大きく関係していることをご存知ですか?

実は、睡眠不足になるとダイエットに失敗しやすくなり、睡眠がしっかり取れているとダイエットに成功しやすいのです。

 

睡眠と食欲の関係

 

人は、お腹が空いてくると食欲が湧いてきます。食事を食べると満腹感を感じます。
あたり前ですよね。

 

これは、ホルモンの働きで脳に指令が行って起こっています。
人は、お腹が空くと、グレリンというホルモンが出て食欲が出ます。
そして、食事を食べるとレプチンというホルモンが出て満腹感を感じて食欲を抑えます。

 

と、いうことは、グレリンが出やすい人は空腹感が強くなり食欲が増し、
レプチンが出やすい人は満腹感を感じ食欲が抑えられやすいということが言えます。

そんな中、このホルモンのバランスが睡眠と深く関わっている可能性が高いということがわかってきました。

アメリカのコロンビア大学の研究発表ですが、人は睡眠不足になると、空腹を感じて食欲が出るグレリンと
満腹感を感じて食欲が抑えられるレプチンの働きのバランスが悪くなり、食欲が過度に増したり、満腹感を感じにくくなるそうです。

 

その結果、

平均睡眠時間が4時間以下の人は、平均睡眠時間7時間の人より73%も肥満になりやすいという研究結果が出ました。

その結果を踏まえると、睡眠時間をしっかり確保する方が、
食欲が適正にコントロールされてカロリーオーバーを防いで痩せやすくなることが考えられます。

 

最近、食欲が乱れてたくさん食べてしまう人や、甘いものが異常に食べたくなる人はもしかしたら睡眠不足が原因かもしれません。

「そういえば私、最近睡眠不足だわ。」

と、思いあたる節がある方は睡眠時間をしっかりとると、痩せやすくなる可能性が高まります。

ぜひ、より良い睡眠を心がけてみてくださいね。

 

良い睡眠をとる工夫

 

良い睡眠をとるための工夫をご紹介します。

 

  1. 寝る1時間前にはスマホやパソコン、テレビなどをやめる。
  2. 過度なアルコールは睡眠の質を落としますので、適量にする。
  3. 部屋を適度に暗くする。具体的には天井の電気を消し、足元に間接照明を置いて点ける。間接照明がない方は豆電球のみ点ける
  4. 日ごろの適度な運動をこころがける。

 

これらを心がけてより良い睡眠をとってくださいね。

 

 

 

まとめ

  • 睡眠不足は食欲のホルモンのバランスが崩れ食べ過ぎになりやすく太りやすい。
  • 睡眠が取れていると食欲が落ち着き食べ過ぎがなくなり摂取カロリーが適正になり痩せやすくなる。
  • よりよい睡眠を心がける。
    (寝る1時間前はスマホ・テレビをやめる 過度なアルコールは控える 日頃から適度な運動を心がけるなど)

 

睡眠をしっかりとることがダイエット成功の一つですので

よろしかったら意識してみてくださいね(^^♪

LINEの友だち追加で、 書籍に掲載できなかった 【ダイエットの時でも食べれるコンビニ食一覧表】をプレゼント! LINEからダイエットのお悩みもお気軽にご質問くださいね♪

この記事を書いた人

寺平 義和(てらだいら よしかず)
整体師/B3ダイエットトレーナー 村上整体専門医学院名古屋校を卒業後、同校職員を経て歴代最年少の24歳で学院長に抜擢される。2006年に独立開業、「体のバランス矯正院」代表取締役に。 B3ダイエットと出会い、9ヵ月間で113kgあった体重を40kg減量、以後リバウンドすることなく健康的な体型を維持している。 かつての自分と同じ悩みを抱える人をサポートしたいと「体のバランス矯正院」に「B3ダイエット東海スタジオ」を併設。2017年にB3ダイエットの経験とノウハウをまとめた書籍を出版、Amazonランキング・ダイエット部門他で1位を獲得した。

B3ダイエットとは?お客様の声を紹介した動画をご覧ください!

 
0562321242

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)