ダイエット中にアルコール(お酒)を飲むと痩せないの?

B3ダイエットトレーナー寺平義和の「てらダイエット日記」~リバウンドしない痩せ方教えます!

質問
夏になるとどうしてもアルコールが飲みたくなります。ダイエット中にアルコールを飲むと痩せないですか?(37歳男性)

 

夏になると、「キンキンに冷えたビールが最高!」という方も多いと思います。

ダイエット中にアルコールを飲むと痩せないのでしょうか?

 

答えは、

 

痩せないことはないが、痩せにくくなります。

 

なぜ、アルコールを飲むと痩せにくくなるのでしょうか?

 

カロリーが高い

実は、アルコールはカロリーが高いです。なのでダイエット中はアルコールをたくさん飲むと摂取カロリーが増えてしまい痩せにくくなります。

 

栄養素別のカロリー量(1gあたり)をご紹介します。

炭水化物
(米、パン、麺類など)
4キロカロリー
タンパク質
(肉、魚、卵など)
4キロカロリー
脂質
(バター、調理油、肉や魚の脂など)
9キロカロリー
アルコール 7キロカロリー

 

これをみてわかるように、アルコールは脂質(あぶら)の次にカロリーが高いです。

アルコールは揚げ物との相性がいいので、つい唐揚げなどを一緒に食べてしまうと、アルコール+脂質を摂取してしまうので、一気に高カロリーになります。

また、食べ物の代謝に重要な役割を果たしているのが肝臓です。アルコールを飲むと、肝臓でアルコールを処理しているので食べ物の代謝まで処理しきれなくなり、ダイレクトに脂肪細胞に運び込まれやすくなります。

これでは、痩せにくくなるどころか太りやすくなってしまいます。

 

運動後の体の回復を遅らせてしまう

ダイエット中は食事を気をつけるだけでなく、運動をされている方も多いです。

「運動をしっかりしたからご褒美にビールを1杯飲んでも大丈夫だよね!」

と、飲まれる方もいらっしゃると思います。

 

これをしてしまうと、運動後の体の回復を遅らせてしまうだけでなく、痩せにくくなります。

 

その理由は以下のような流れになります。

 

アルコールを飲む

アルコールの分解に肝臓が優先的に働くので筋肉の合成が阻害される

運動でダメージを受けた筋肉の回復が遅れる

筋肉を作る為に欠かせない成長ホルモンの分泌を抑制してしまう

脂肪の分解が妨げられやすくなり痩せにくくなる

 

 

 

ダイエット中の運動後にアルコールを飲むと上記のようなデメリットがあります。

 

免疫力を低下させる

最近の研究でわかってきたのが、アルコールは分解された後、細胞を傷つける物質に変化するかもしれないということ。

アルコールを毎晩のように飲む習慣のある方は、細胞が常に攻撃を受けて、免疫システムが弱くなっている可能性が高いです。

ですので、疲れが抜けにくくなったり、風邪をひきやすくなってしまったりするデメリットがあります。

また、アルコールには、ストレスホルモンと呼ばれている物質「コルチゾール」の分泌を刺激する作用もあります。

このコルチゾールは、筋肉の分解や、脂肪燃焼の抑制の原因となってしまいます。

 

 

その他のデメリット 体から水分を奪ってしまう

アルコールには利尿作用があります。

これな何を意味するかと言うと、

アルコールを代謝して排出していく過程で血液や細胞の水分も一緒に失われやすくなるということです。

また、貴重な塩分や栄養素も尿として排出されてしまうので、疲れや倦怠感が出やすくなってしまいます。

これらの影響から、ミネラルバランスが崩れてしまうと、体がむくんだり、筋肉がつったりしやすくなる場合があります。

 

日常生活でも、不足しがちな水分が、飲酒することでさらに減ってしまうデメリットがあります。

 

 

 

実際のアルコール(お酒)のカロリーはどれくらいあるの?

 

では、実際によく飲むお酒のカロリーはどのくらいあるのでしょうか?

わかりやすい例をあげると、

缶ビール500mlで200キロカロリー、

お店の生中ジョッキ1杯ですと145キロカロリー、

くらいです。

 

 

ご参考までに居酒屋さんなどで提供されているアルコールメニューのカロリーをご紹介します。

 

日本酒(1合):200kcal
シャンディーガフ:150kcal
生ビール(中ジョッキ1杯):145kcal
カシスオレンジ:125kcal
ジントニック:120kcal
生レモンサワー:110kcal
ウーロンハイ:95lcal
梅酒ロック:95kcal
マッコリ:90kcal
ワイン(ワイングラス1杯):90kcal
ウイスキー(シングル):75kcal
焼酎ロック:70kcal
ハイボール:70Kcal

 

ダイエット中にアルコールを飲むのなら

 

ここまで読むとダイエット中はアルコールを飲むと痩せにくくなったり様々なデメリットもあることがわかったと思います。

とはいえ、ダイエット中でもアルコールが飲みたいという人情はとてもわかります。

そんな時は、以下の2点を意識してください。

 

●カロリーと糖質の少ないお酒を飲む

●おつまみはカロリーの低いタンパク質を選ぶ

 

 

 

これらの条件をを満たしてくれるのが、

 

アルコールは、ハイボール、焼酎(水割り、烏龍茶割理、ロック)

 

おつまみは、焼き鳥の砂肝、イカ刺し・炙り焼き、枝豆

 

です。

これでしたら、ダイエット中でも大丈夫です!

ご参考になれば幸いです。

 

※上記のアルコール、食べ物でも摂り過ぎればハイカロリーになって太りますので適量を心がけてくださいね。

 

まとめ

 

●ダイエット中はアルコールは控えた方が痩せやすくなる

 

●ダイエット中でもアルコールを飲むならハイボールか焼酎を適量にする

 

●おつまみは砂肝、イカ、枝豆をチョイスする

 

LINEの友だち追加で、 書籍に掲載できなかった 【ダイエットの時でも食べれるコンビニ食一覧表】をプレゼント! LINEからダイエットのお悩みもお気軽にご質問くださいね♪

この記事を書いた人

寺平 義和(てらだいら よしかず)
整体師/B3ダイエットトレーナー 村上整体専門医学院名古屋校を卒業後、同校職員を経て歴代最年少の24歳で学院長に抜擢される。2006年に独立開業、「体のバランス矯正院」代表取締役に。 B3ダイエットと出会い、9ヵ月間で113kgあった体重を40kg減量、以後リバウンドすることなく健康的な体型を維持している。 かつての自分と同じ悩みを抱える人をサポートしたいと「体のバランス矯正院」に「B3ダイエット東海スタジオ」を併設。2017年にB3ダイエットの経験とノウハウをまとめた書籍を出版、Amazonランキング・ダイエット部門他で1位を獲得した。

B3ダイエットとは?お客様の声を紹介した動画をご覧ください!

 
0562321242

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)