ダイエットが成功するための体重の測り方!いつ測るといいの?測る頻度は?

てらダイエット日記〜40kgダイエットに成功した整体師がダイエットについて語ります。

ダイエット中に必ずすることが体重計に乗り、体重を測ることですよね。
ダイエットが成功するための体重の測り方をご存知でしょうか?

きとんとした体重の測り方を知っておくだけでダイエットが成功しやすくなります。

 

 

体重はいつ測るといいの?

 

答えは、

起床時のトイレに行った後に測ることです。

理由は、1日1回、同じタイミングで測る方が、条件が整って正確な判断が出来るからです。

けっこうしてしまいがちなのが、1日に何回も体重計に乗ってしまうことです。

毎食後に測ったり、運動した後すぐに測ったりしてしまう方も多いのではないでしょうか?

これはお勧めできない測り方です。

実は、体重を一日に何度も計ってしまうと、体重の変化が激しいのです。

例えば、食後すぐに測ると食べ物が消化吸収されていないので、食べ物の重さ分、体重が増えます。
飲み物を500mlのんだ直後に測れば0.5㎏体重は増えます。
反対にトイレに行った後、サウナに入った後に測れば、0.5㎏~1㎏体重が減ります。

では、これは太ったわけでも痩せたわけでもありません。

食べ物の重さや水分量で一時的に体重が変化しているにすぎません。

食べ物の重さや水分量の影響を受けにくい条件を整えることがダイエットが成功するための体重の測り方になります。

その条件が一番整いやすいタイミングが起床時のトイレに行った後になります。

 

 

体重を頻繁に測らない方がいい理由

 

たまに、1日に何度も体重を測る方がいます。これはされない方がいい測り方です。

これをしてしまうと、先ほども言いましたが、食べ物の重さや水分量で一日の体重は増えたり減ったりしています。

でも、これは体脂肪がすぐに増えて太ったわけでも、体脂肪が減ってすぐに痩せたわけでもありません。

物質そのものが体の中に入って消化されていない時の体重と消化吸収されてうんちやおしっこ、汗などで体外に出た後の体重に過ぎません。

これがわかっていないと、体重が増えた、減ったで「太った!痩せた!」

と一喜一憂してしまいます。また、常に体重のことを考えすぎてしまい数字の呪縛から、ストレスになります。

そして、ダイエットそのものが嫌になって、ヤケを起こしてドカ喰いをしてしまったら本末転倒ですよね。

ですので、体重を1日に何度も測ることにあまり意味はありません。

これが、体重を頻繁に測らない方がいい理由です。

 

 

1日に1度測った体重の評価の仕方

それでは、1日に1度起床時のトイレに行った後に測った体重の数値をどのように評価するといいのでしょうか?

お勧めの評価の仕方は、測った体重の数値を毎日記録してください。
記録の仕方は、アプリでも手帳に記入する方法でも何でも大丈夫です。

そして、体重の1週間の平均値を出してください。

その数字が1週間前の体重の平均値より減っているのか増えているのかを比べてください。

これをすることにより、正確な体重の推移が把握できます。

先週と比べて、

数字が減っていれば、ダイエットが順調に進んでいます。

数字が変わっていなければ、1週間の食事内容や運動量では現状維持。

増えていれば、太ってきている。

と、評価できます。

このように、評価すると客観的な指標が出来るので、現在の自分の立ち位置がわかります。

それをもとに、現在の食生活、運動習慣を継続していくといいのか、見直して工夫するのかを見極めるとダイエットが成功する確率が格段に上がります。

ご参考になれば幸いです。

 

まとめ

  • ダイエット中の体重の測り方は起床時のトイレに行った後
  • 1日に何度も測らない
  • 体重の評価は1週間の平均値を出し、先週と比べて評価する

 

 

 

 

LINEの友だち追加をしていただくと本では掲載できなかったコンビニの食品でダイエットが進む一覧表をプレゼント!


「友達追加はこちらからお願いします」


↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓
友だち追加

お電話での問い合わせはこちらから

0562-32-1242

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)