姿勢は大事だよ~♪ Part 2

てらダイエット日記〜40kgダイエットに成功した整体師がダイエットについて語ります。

姿勢は大事だよ~♪ Part 2


0 コメント

『ダイエットの学校』 B3ダイエット東海スタジオ

40キロのダイエット経験を持つ整体ダイエットトレーナーの寺平(てらだいら)です。

 

 

前回のブログ

姿勢は大事ですよ~。

人から良い印象に見られて、

自分の性格は明るく前向きなものにしていくためにオススメな方法が筋トレですよ~。

 

 

と、言う事をお伝えさせていただきました。

 

 

 

 

今回は、

良い姿勢を作る上で筋トレがなぜ必要なのか?

その理由と、具体的な筋トレのやり方をご紹介させていただきますね!

 

 

 

なぜ、良い姿勢を作る上で筋トレが大切かと言いますと、

良い姿勢を意識するだけでは良い姿勢のままでいることに
限界があると考えるからです。

 

デスクワークの方を例に挙げてみます。

デスクワークをしていると決まってなりやすい姿勢があります。

 

 

それは、キーボードを打つので手が前に出た姿勢です。

 

手が前に出ると自然と肩が丸まりやすくなり、
それにつられるように背中が猫背になりやすくなります。
その結果、首も前に出て傾きやすくなります。

112904

こうなると、首から背中の筋肉は
伸ばされた状態で頭を支えないといけなくなります。

 

実はこの状態は

筋肉にとっては負担のかかることなんです。

 

 

筋肉は基本的に、
体を動かすために、縮まったり、元の長さに戻ったり、
姿勢を支えるために働いています。

 

元来、縮めることが得意な筋肉は伸ばされた状態で姿勢を支えるために緊張しないといけなくなると、

疲労度が高くなってしまいます。

 

 

これが、いわゆるデスクワークによる肩こり・首こりの原因の一つです。

 

 

 

 

 

では、上記のような姿勢にならないようにするのはどうしたらいいのでしょうか?

 

 

 

良い姿勢を意識すれば、大丈夫なのでしょうか?

 

 

 

 

答えは、NOです。

 

 

 

 

良い姿勢を意識さえしていればその姿勢が保てるのかと言うと、実はそうではありません。

 

 

 

このブログを読んで下さる方でデスクワークの方がいらっしゃいましたら試しに背筋を起こして

良い姿勢をとってみてください。

 

 

15秒もすると背中が痛くなってきませんか?

そして、なんだか息苦しくないですか?

 

 

そうなんです。

 

 

 

良い姿勢を意識しようと背中を起こしても、

それに耐えうる筋力がなければすぐに疲れてしまい、

良い姿勢をキープするのは困難になってしまいます。

 

 

 

整体施術は、痛みなどの体の不調、不良姿勢を矯正するに有効です。良い姿勢になります。

(手前味噌ですが、てらだいらの整体は疲れも取れて良い姿勢になりますよ!

自分で言っちゃうだけでなく宣伝もするのかいっ! 笑 )

 

 

 

 

ただ、体の調子が良くなり、良い姿勢になったとしても生活習慣が変わらなければ

また体の不調が出て不良姿勢になってしまいやすくなります。

かといって、仕事を変えることは現実的に難しい…。

 

 

では、体の調子も良くなり、

かつ、効果を持続でき、

良い姿勢を意識せずとも良い姿勢をキープできるようになるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

答えは、筋トレをして筋肉を鍛えることです。

 

 

 

 

筋トレをすれば、

筋力がつき、

良い姿勢を意識せずとも良い姿勢を自然にキープできるようになります。

 

 

 

そうなれば、前回のブログでお伝えさせていただいた、

人から良い印象に見られ、

自分の性格も明るく前向きなものになり、

痛みやコリの不調も解決しやすくなります。

 

 

 

そうなるためのオススメな筋トレをご紹介させていただきます。

 

 

 

 

どんな筋トレがいいかと言いますと、

 

 

 

 

まずは、背中の筋トレをしてください。

 

 

広背筋

 

特に広背筋と言われる筋肉です。

 

 

 

 

それでは、広背筋の鍛え方をお伝えします。

正直言いまして、

バーベルやダンベル、マシンを使ったウェイトトレーニングの方が一番有効なのですが、

まずは家で出来る効果的な筋トレをご紹介しますね。

 

 

 

 

まず、長めのタオルを用意して下さい。

 

 

【やり方】

 

 

<タオル・ラットプルダウン>

 

12512425_990736674349333_6052560101791237575_n

体を少し前傾させて腰を反って出っ尻を作ります。

両手でタオルを握って上に上げてください。

 

941362_990736757682658_7759058256506215573_n

タオルを左右に引っ張りながらゆっくりとヒジを背中の方に下ろします。

ポイントは肩甲骨を意識することです。
肩甲骨を内側(かつ下の方に)に寄せる意識で肘を下げていきます。

 

【後ろから見るとこんな感じです】

 

12932578_990736764349324_7648253892612276579_n

 

12924435_990736781015989_821512865328318061_n

 

これを8~12回=1セットを3セット行ってください。

セットとセットの間のインターバル(休憩)は1分半とってください。

 

 

 

<タオル・ローイング>

12963505_990736871015980_3618783459728393123_n

イスに浅く腰かけてください。

タオルを足裏にかけて両手でタオルを握って下さい。

 

 

12931162_990736864349314_4773670398631359074_n

背中が丸まらないように背筋を出来るだけ伸ばしながら左右の肩甲骨を内側へ寄せる意識でヒジを引いてください。

タオルは伸びないので、この時、体はスタートポジションより前傾になります。

 

 

12512404_990736877682646_587121065026880603_n

背中が出来るだけ丸まらないように注意して

更に左右の肩甲骨を内側へ寄せてみてください。

体は上のポジションよりさらに前傾になります。

 

 

これを8~12回=1セットを3セット行ってください。

セットとセットの間のインターバル(休憩)は1分半とってください。

 

 

 

 

これをしていただければ、

綺麗な姿勢になり、

良い姿勢になるので性格も前向きになり、

しかも、痛みやコリも解決しやすくなります。

 

 

 

一石三鳥ですので、

まずはこのトレーニングからやってみてくださいね!!

 

 

 

 

 

 

b3-officila-banner

あなたの人生を変える。人生最後のダイエット!
B3ダイエットの無料カウンセリングはこちらから

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)