コーヒーを飲んでダイエット効果を高める方法

てらダイエット日記〜40kgダイエットに成功した整体師がダイエットについて語ります。

質問
友人にコーヒーを飲むとダイエット効果があると聞いたのですが本当ですか?
本当ならなぜ効果があるのですか?(31歳女性)

 

 

コーヒーにはダイエット効果があります。

 

 

コーヒーのダイエット効果

 

コーヒーにはダイエット効果がありますが、正確言うと、コーヒーに含まれるカフェインにダイエット効果があります。

コーヒーを運動前に飲むとカフェインの作用で脂肪が燃えやすくなります。

その効果でダイエット効果が高まります。

 

 

コーヒーに含まれるカフェインの脂肪燃焼効果のメカニズム

 

 

カフェインの脂肪燃焼効果は、脂肪が燃えるメカニズムを知ると理解ができます。

脂肪が燃えるには、食事を適量にしてカロリーを必要以上に取らないことが大切です。

その上で、運動をするとカロリーが消費され脂肪が燃えます。

 

このような脂肪が燃えるメカニズムを詳しく解説します。

運動などをして体がエネルギーを必要とすると、脂肪やグリコーゲン(糖質)が血液中に出てきてエネルギーになります。

脂肪燃焼のメカニズムなのでグリコーゲンの話は別の機会にします。

運動をすると、体はエネルギーを欲しがります。

このような状態になると脂肪は分解されて脂肪酸になり血液中に出てきます。

次に脂肪酸は細胞の中にあるミトコンドリアと言うネルギーを作る工場に運ばれてエネルギーの原材料になります。

そこで脂肪酸がエネルギーに変えられることで脂肪が燃えていきます。

まとめると、

 

1、脂肪細胞から脂肪酸が血液中に出てくる

2、脂肪酸がエネルギーを作る工場であるミトコンドリアに運ばれる

3、ミトコンドリアの働きで脂肪酸からエネルギーが作られる

4、1〜3の流れで脂肪が燃えて痩せる

このような形で燃えます。

 

この時、コーヒーを運動前に飲むと、コーヒーに含まれるカフェインの作用で1の脂肪細胞から脂肪酸が血液中に出てくることを活発に行ってくれます。

 

これが活発に行われることで、脂肪が燃えやすい状態を作ってくれるので、コーヒーはダイエット効果があるのです。

 

 

運動の何分前にコーヒーを飲むといいの?

 

 

では、運動のどれくらい前にコーヒーを飲むといいのでしょうか?

答えは、

 

運動の30〜40分前に飲むと効果的です。

 

ウォーキングや筋トレの30〜40分前にコーヒーを飲むだけでいつもより脂肪が燃えやすくなりますのでぜひコーヒーを飲んでから運動をしてみてくださいね。

また、カフェインは脂肪燃焼効果だけでなく、覚醒作用もあるのでやる気が湧いてきて運動がより元気にできる効果もあります。

 

と、いうことは朝の通勤で歩く方は、歩く時間より30〜40分前にコーヒーを飲むだけでもダイエット効果が高まります。

家を出るすぐ前にコーヒーを飲むより、朝食を食べながらコーヒーを飲み、それから身支度をして(30〜40分)時間が経ってから出発した方が脂肪が燃えやすくなりますよ!

 

まとめ

 

・コーヒーに含まれるカフェインには脂肪燃焼を促す効果がある。

 

・運動の30〜40分前にコーヒーを飲むと効果的。

 

 

ダイエット本を出版しました!

ご購入はコチラからできます。

LINEの友だち追加をしていただくとダイエット本で 出版社さんから 「コンビニさんは商品入れ替えがあるので掲載できない」 と言われ、なくなくカットになった

 

【コンビニダイエット一覧表】

をプレゼント!

 

「友達追加は下のボタンからお願いします」

↓↓↓↓↓↓

友だち追加  

お電話での問い合わせはこちらから

0562-32-1242

B3ダイエット東海スタジオ公式サイト

B3ダイエット東海スタジオ公式サイトはこちら

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)