食べたいものを 食べたい時に 食べたいだけ食べると 結局は 食べたいものを 食べれなくなる!

てらダイエット日記〜40kgダイエットに成功した整体師がダイエットについて語ります。

『ダイエットの学校』 B3ダイエット東海スタジオ

40キロのダイエット経験を持つ整体ダイエットトレーナーの寺平(てらだいら)です。

 

 

今日は、

 

 

食べたいものを 食べたい時に 食べたいだけ食べると

結局は

食べたいものを食べれなくなる。

 

 

というお話です。

 

なんだか早口言葉みたいですみません(苦笑)

 

 

 

どんなことかというと、

 

てらだいらが113キロあった当時、

 

食べたいものを、食べたい時に、食べたいだけ、食べていました。

 

 

「人生一度なんだから食べたいものを食べる!我慢は体によくないって言うしね!」

 

 

と、本気で思っていました。

 

 

 

その結果、どうなったかと言うと、

 

 

血液検査で肝臓の数値が正常値を超えてしまい脂肪肝に。

腎臓の数値が正常値を超えてしまい糖尿病一歩手前に。

尿酸値が正常値を超えてしまい痛風一歩手前に。

 

 

 

そうです。

 

 

明らかに大きな病気になってしまう一歩手前まで体の状態は悪くなっていました。

 

 

あのままの食生活でダイエットをしていなかったら、

今頃はきっと糖尿病になっていたと思います。

 

そして、その結果、目の毛細血管がつまり網膜症を引き起こし最悪の場合は視力を失ったり、

腎症になって尿が作れなくなり、人工透析になったり、

神経症になり手足がシビレたり、皮膚の感覚が弱くなってきてしまったりと、

様々な合併症を引き起こしていたのではないかと思います。

 

 

 

そんな中、

徳山先生考案のB3ダイエットに出会い、

9ヶ月で40キロのダイエットに成功したお陰で

肝臓の数値、腎臓の数値、尿酸値のどれもが正常値になりました。

 

 

 

(命が助かりました。ありがたや、ありがたや~~!)

 

 

 

 

その経験から感じたのは、

食べたいものを、食べたい時に、食べたいだけ、食べるのではなく、

普段の食事で、筋肉がつきやすく、体脂肪が燃えやすい

食事を選んでしっかり食べる食事方法である

【フードチョイス】をすることが大切になるということです。

 

 

 

 

フードチョイスとは、

体脂肪になりやすい【炭水化物(糖質)】の量を抑え、

筋肉がつきやすい【たんぱく質】をしっかり食べて、

体に良い【脂質】を摂る食事方法です。

(体に良い脂質はオメガ3と言われる、えごま油、亜麻仁油や
魚の脂に含まれるEPA、DHAといったものです。)

 

 

 

簡単に言うと

低糖質、高たんぱく、良脂質

な食事ということです。

 

 

 

これをすることでダイエットはうまくいきます。

 

(※フードチョイスや体に良い油の詳細はまたブログに書きます。)

 

 

 

 

 

そして、ダイエットが終わった後に大切になってくるのが、

時には食べたいものを食べるということです。

 

 

ずっと食べたいものを食べない人生なんて楽しくありませんし、

 

精神衛生上よくありません。

 

 

 

食べたいものを食べるためには、

食べる頻度と、タイミングを工夫するだけで

太らずに健康的に食べれるようになります。

 

 

 

 

ちなみに、てらだいらは基本的に

スナック菓子や甘いもの、ラーメンやカレーライス、かつ丼などの炭水化物(糖質)が大好きです。

113キロある時は、これらの食べ物をいつも

食べたい時に、食べたいだけ食べていました。

 

 

ダイエット中はさすがに食べませんでしたが、

今ではたまに食べています。

 

 

 

 

やっぱり美味しいですね(笑)

 

 

 

 

 

 

食べたいものを食べる頻度は体重や体脂肪をチェックをして

自分で決めている体重、体脂肪のボーダーラインを越えていなければ、

食欲にあわせて食べます。

 

 

 

状況によって、週に1回食べる時もあれば、もっと期間を延ばす時もあります。

 

 

 

そして、食べるタイミングは、筋トレ前、もしくは後にしています。

 

 

 

筋トレ前1~2時間前に炭水化物(糖質)を食べると、

力が出やすくなるので筋トレを追い込みやすくなるので、消費カロリーを増やせるメリットがあります。

 

筋トレ後(2時間以内まで)に炭水化物(糖質)を食べると、

炭水化物(糖質)は体内に脂肪として蓄えるより、

筋肉に優先して摂りこまれる性質があるので

体脂肪になりにくいメリットがあります。

 

 

 

これらのことを意識するだけで、

健康的に食べたいものが健康的にずっと食べられるようになります。

 

 

 

 

反対に、

食べたいものを食べたい時に、食べたいだけ食べていると

結局は病気になって

食べたいものが食べれなくなる可能性が高くなります。

 

 

 

 

 

ですので、食べたいものを健康的に食べるためにも

運動(筋トレが一番お勧め)をする習慣を少しでもライフワークに入れていただき、

食べるタイミングと頻度を工夫してみてください。

 

 

 

 

そうすれば、食べたいものが健康的に

ずっ~~と美味しく食べれるようになりますよ~~~!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<本日のまとめ>

 

食べたいものを食べたい時に食べたいだけ食べると 

結局は、病気になり、食べたいものを 食べれなくなる!

 

 

運動(筋トレが一番お勧め)を取り入れるライフワークにして

食べるタイミングと頻度を工夫すれば

食べたいものが、健康的にずっと食べられるようになる!

 

 

 

 

 

 

 

 

b3-officila-banner

あなたの人生を変える。人生最後のダイエット!
B3ダイエットの無料カウンセリングはこちらから

 

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)