出版セミナーに参加してきました!!

てらダイエット日記〜40kgダイエットに成功した整体師がダイエットについて語ります。

出版セミナーに参加してきました!!


0 コメント

東海市の整体院「体のバランス矯正院
B3ダイエット東海スタジオ
の40㎏のダイエット経験をもつ整体ダイエットトレーナーの
寺平(てらだいら)です。

 

 

 

 

先週の土曜日に治療院の午後診療をお休みさせていただいて大阪へ

「1年以内に商業出版を実現する方法」

という、出版セミナーに行ってきました。

 

 

 

講師は、
メルマガコンサルタントで、
ビジネスメールの第一人者であり、
経営者向けに通信教育事業に「ビジネス実践塾」も主宰されている
平野友朗さん(すでに22冊出版されています。)

 

 

と、

 

営業コンサルタント、セミナー講師などをされながら、

「ビジネス書著者」デビュープロジェクト
http://seminar.osakazine.net/e563175.html

も主宰されている前川あゆさん(塾生33人中16人の商業出版実現)

でした。

 

 


 

<講師紹介>

アイ・コミュニケーション 
セミナーページよりプロフィール引用

 

講師紹介

平野友朗のプロフィール

平野友朗の写真

株式会社アイ・コミュニケーション 代表取締役
日本で唯一のメルマガコンサルタント
一般社団法人日本ビジネスメール協会 代表理事

1974年、北海道生まれ。筑波大学人間学類で認知心理学専攻。広告代理店勤務を経て、日本で唯一のメルマガ専門コンサルタントとして独立。ビジネスメール教育の専門家。得意とする分野は、ウェブマーケティングの戦略立案やメルマガ・ウェブサイトの改善。メールのコミュニケーション効率化や時間短縮などの業務改善。メディア戦略を含めたブランド構築や出版プロデュースなど多岐に渡る。クライアントは、日本全国の企業、士業コンサルタント、官公庁から学校や団体まで幅広く、その数はのべ5,000を超える。

ビジネスメールスキルの標準化を目指し、日本初のビジネスメール教育事業を立ち上げる。開発した教育プログラムによって、メールによる業務効率化やメールの処理時間削減を実現する個人や企業が続出。公開セミナーや集合研修、通信教材やeラーニグを通じて、ビジネスメール教育を提供。2013年に、一般社団法人日本ビジネスメール協会を設立。認定講師を養成し、ビジネスメールの教育者を日本全国に輩出。

一人の起業家としての活動から法人化への道のり、事業の多角化で蓄積したビジネスノウハウを提供する通信教育事業「ビジネス実践塾 新規ウィンドウ 」を主宰。音声教材とニュースレターで、起業家や経営者に必要なノウハウを毎月提供中。

著書は『ちょっとの工夫で仕事がぐんぐんはかどるビジネスメール術』(主婦の友社)、『お客様から選ばれるウェブ文章術』(日本実業出版社)、『「始めてみたけど効果がない」と思っている人の「やり直し」のメルマガ営業術』(ダイヤモンド社)、『走りながら考える仕事術!』(日本実業出版社)など合計22冊(翻訳本2冊を含む)がある。

講師紹介

前川あゆのプロフィール

平野友朗の写真

女性客向け集客・営業支援の専門家
株式会社Shuka Berry 代表

化粧品や住宅リフォーム、法人向けの広告企画営業などで、売上日本一をはじめ輝かしい実績多数。特に女性客向けの営業が得意。小さな会社にいながら大手の有名ライバル企業と比較される中で、悩みながらも「小さなお店や会社や個人が、値引きやお願い営業をすることなく『ありがとう』と感謝されて、売れるためのブランディング術」を考え、実行したことが結果につながる。

現在では営業コンサルタントとして、コンサルティング・講演・セミナーでその独自の手法をわかりやすく伝え、成果をあげている。モットーは「売り手も買い手もハッピー♪」

著書に『セミナー講師育成率NO.1のセミナー女王が教える 売れるセミナー講師になる法』
『“ストレスフリー”な営業をしよう! お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業』
(共に同文舘出版)の2冊がある。


 

セミナーでは、お二人の出版に至る経緯、

過去の失敗や成功事例、

実際の出版に至るまでのプロセス、

出版社さんとの関係性の重要性、

読者の求めるニーズなどなど、

これでもかと言う位、包み隠さず教えていただきました。

 

 

 

セミナー中も、どのような本を出したいかなど、

参加者一人一人に聴いて、即興出版コンサルをしてもらったりと、

充実したあっという間の5時間でした。

 

 

 

参加者の方の中にはすでに出版されている方もいたり、

様々な業種の方がいて意識が高く、

とてもいい雰囲気でした。

 

 

てらだいらも、ダイエットに関する本を出したいと思っているので、

即興出版コンサルをしてもらいました。

 

 

 

 

講師の平野さんは、物腰柔らかく、物事を冷静にまとめてわかりやすくフィードバックしてくれますし、

前川さんは、綺麗事は言わずに、必殺仕事人のごとくバッシバシ本音で斬ってくれます。

 

 

 

その裏には、本当に出版してもらいたいという

お二人の熱い想いがビッシビシと伝わってきました。

 

 

二人のアドバイスしてくださった言葉や表情をくみ取ると、

ダイエット本というのは、世の中に溢れかえっていて、

色んな切り口や角度をみつけないと出版はなかなか厳しそうというのが

てらだいらが感じた正直な感想です。

 

 

 

 

そして、出版と言うのは、

読者、著者、出版社みんなが幸せになって初めて成功だということ。

 

 

商業出版するために、

出版社は著者に対して400万円位の投資をしてくれるということ。

その想いに応えるための使命感と責任感と覚悟を持って書くということの重要性を感じました。

 

 

 

その中で、前川さんに指摘された、

ダイエット本と言うのは、

芸能人が出すと売れやすいし、

楽して簡単な方法の方が読者は食いつくし、

ニーズはそこにあるということ。

 

 

 

そして、懇親会でも前川さんと話していて、

「私自身、運動したくないし、食事も我慢したくない、でも痩せたい。」

 

と、正直な本音も言ってくれました。

 

 

 

その他の参加者の方も、

 

「筋トレ」と聴くだけでハードルが上がる。

 

 

などなど、素直な意見を言っていただき

 

なるほど~、

 

と思いました。

 

 

 

 

てらだいらは、

最近は、このブログで発信したり、

B3ダイエットのホームページでも言っているからか、

ダイエットの基本は、正しい知識のもと、食べ物を選んで、運動をして、

続ける事が大切ということをよくお伝えしています。

 

 

 

だからからか、

そのことを理解して下さったクライアントさんに

B3ダイエットプログラムを提供しているので、

恥ずかしながら、

そういった世の中の感覚を少し忘れていました。

 

 

 

 

そういったことから、

ダイエット本を出すには、

楽に出来て、簡単に出来そうなものを切り口として出した方が

出版しやすいですよと、アドバイスをいただきました。

 

 

 

出版業界の内情や、出版するためにすべきことが明確になり、

大きな気付きを得たセミナーになり、本当に楽しかったです!!

 

 

 

 

 

 

ただ、正直に言うと、

懇親会が終わり、

帰りの新幹線で色々と考えていました。

 

 

 

 

楽して簡単ダイエットの方が出版しやすいとのことだし、

出版社も読者もそれを望む人が多いのか…。

 

 

 

 

なるほどなぁ、

 

 

 

 

 

 

でもな~、

 

 

 

 

 

 

それをしてしまったら、

自分の今まで言ってきたこと、

僕を信じてB3ダイエットをして結果を出してくれたクライアントさんを裏切る事になるから出来ないな~。

 

 

 

 

 

と、悶々とした気持ちで家に帰りました。

 

 

 

 

家に帰ってからも一人、部屋で考えました。

 

 

 

そういう本しか出すことが

厳しいっぽいのなら、出版は諦めようかなぁ、

 

 

 

 

と。

 

 

 

 

 

 

 

でも、

 

 

 

 

 

 

悶々とするわけです。

 

 

 

 

 

心がざわつくんです。

 

 

 

 

本当にお前は諦めていいのかと、心の中が大嵐になるわけです。

 

 

 

 

 

 

そこで思ったんです、

 

 

 

 

やっぱり、行動しないで諦めたくはない!!

 

 

 

と。

 

 

 

正直言うと、

〇〇だけ食べるダイエット、

これを飲むだけで痩せるサプリメント、

この簡単な運動を1日5分するだけで理想のボディが手に入る。

 

などの、楽して簡単ダイエットの人情は良くわかります。

 

 

てらだいらもそれで痩せれたらやっぱり嬉しいですし!(笑)

 

 

 

でも、それは嫌だとてらだいらの心は拒絶するんですよね。

 

 

 

 

 

なぜ拒絶するかと言うと、

楽して簡単ダイエットに手を出して安直に結果を求めては、

何回もダイエットに失敗し、リバウンドし、もっと太って、

本当は痩せたい気持ちを隠して、

体型を自虐ネタにして明るく振舞ってくるしかなかった自身の経験があるからだと思います。

 

 

 

そんな自分の人生を変えてくれたのは、

徳山先生考案のB3ダイエットなんです。

 

 

 

 

 

脂肪を燃えやすい食事に変え、

筋トレをして代謝を良くし、

体力、筋力をアップしながら健康的に痩せていく。

 

 

そして、いい副作用として、スタイルが良くなっていく。

 

 

 

自分で積み重ねた努力だからこそ、本当の自信が手に入り、

今まで諦めていたスポーツや色んなことに挑戦しようと思える前向きな心が手に入る。

 

 

そんな自分を心から好きになれる。

 

 

そんな自分の体験と、

クライアントさんの自信に満ち溢れた笑顔を知っているてらだいらだからこそ、

ダイエットの本当の楽しさ、筋トレのきついイメージを変えてカラダを鍛えることの気持ちよさを

世の中の人にもっと知ってほしい!!

 

 

 

そして、

筋肉を鍛えることで将来の健康も手に入るということも知って欲しい!

 

と、想うからです。

 

 

 

 

 

 

そして、

てらだいらは、整体師ですので、

普段から、ひざの痛み、股関節の痛み、腰痛を抱えたご年配の患者さんを

現場で治療しています。

 

 

 

ひざが変形したり、股関節が変形してしまい、痛みを訴える方が

世の中には多いわけです。

 

 

 

その原因の多くが長年の運動不足から筋力低下をおこしたり、

食べ過ぎやバランスの悪い食生活から肥満になってしまい関節に負担がかかり痛みが出てしまっている

という現実に日々、触れているわけです。

 

 

 

 

その方達がおっしゃること…。

 

 

なんで、こんなに太ってしまったんだろう…。

 

こんなに痛くなる前にきちんと運動してこれば良かった…。

 

でも、やり方がわからなかったんだよね…。

 

 

と。

 

 

 

もちろん、整体師ですから、痛みなく過ごせるように施術をして、良くなっていただきます。

 

 

でも、また日常生活から、痛みもぶり返しやすくなります。

 

 

もっと、この人に、筋力があれば、筋肉を減らさずにダイエット出来れば、

再発をすることもないのにと、いうジレンマから解放してくれたのも、

B3ダイエットでした。

 

 

 

実際に、

B3ダイエットで変形性膝関節症で正座が出来なかった方が、

筋肉を鍛えながらダイエットすることみるみるひざが良くなって、関節の可動域も広がり、

正座が出来るようになりとても喜んでくださいました。

 

 

 

肝機能が40代でE判定を受けた方が、A判定になって、

「先生~!これで私は100歳まで生きれるね~」

と、大喜びして下さいました。

 

 

そんな方々が口々に言ってくださる言葉。

 

 

 

 

 

 

「先生、正しくダイエットするきっかけを

 私にくれてありがとう!」

 

 

 

 

 

そうなんです!

 

 

 

 

 

そんなことを色々と考えて、

 

 

 

 

 

決めました!!

 

 

 

 

 

本当のことしか言わず、

筋トレのハードルが下がり、

食事方法も、やってみようかな?

 

 

そして、その本がきっかけで正しいダイエットするきっかけになったと、

思ってもらえる本を出版出来るように行動してみようと!!

 

 

 

 

 

経験がないですし、文才もないです。

 

 

 

 

出版業界の事情もわかりきっていないし、

その分野に関しては甘ちゃんですし、ズブのド素人です。

 

 

 

でも、悶々として諦めるよりは、

行動に移した方が、納得できる!!

 

 

 

 

 

ハッキリ言って、生意気だと思います。

 

 

 

でも、不器用なんです。

 

 

嘘は言えないんです。

 

 

 

 

不器用でも、

情熱だけはもって活き活きと生きたい!!

 

 

 

 

 

 

 

もし、てらだいらの書いた本が世の中に出て、

少しでも、健康的に綺麗になりながら痩せて、

人生を目いっぱい楽しめる人が増えて喜んでもらえたのだとしたら。

 

 

 

そんな本が売れたのだとしたら、

出版社さんが出して良かったなぁと、思ってもらえるのだとしたら。

 

 

 

そんな現実になったらてらだいらは嬉しいなぁ、と。

 

 

思うわけです。

 

 

 

 

そして、その結果こそが、

このセミナーでお二人の講師の先生が

一生懸命伝えて下さったことに対する

恩返しなのではないかなぁ、と。

 

 

 

 

勝手に思うわけです。

 

 

 

 

道は、険しそうだけど、

熱い気持ちを持って行動していれば道は開けると信じて、

突き進もうと思います!!

 

 

 

 

そんなことを振り返る事が出来て、

自分でも気付いていなかったこんな熱い思いがこみ上げてくるきっかけになった、

セミナーにホント、感謝です。

 

 

 

 

 

平野さん、前川さん、

素敵なセミナーをして下さりどうもありがとうございました!!

 

 

 

そして、参加者の皆さん、どうもありがとうございました!!

 

 

 

今後とも、ご指導、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

追伸

 

と、偉そうなことを言っておいて、

企画書を出さないというオチは作らないように、

完成度が低いかも知れませんが、必ず企画書を送ります(笑)

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)