サルペコニア肥満対策!!【食事】

てらダイエット日記〜40kgダイエットに成功した整体師がダイエットについて語ります。

サルペコニア肥満対策!!【食事】


0 コメント

東海市の整体院「体のバランス矯正院
B3ダイエット東海スタジオ
の40㎏のダイエット経験をもつ整体ダイエットトレーナーの
寺平(てらだいら)です。

 

 

前回のブログでサルペコニア肥満というものをご紹介しました。

 

サルペコニア肥満とは、
見た目は太っていないのに体内では肥満になってしまっている状態のことを言います。

 

運動不足から体内の筋肉量が減り、
代わりに脂肪の量が増えることで、
体重は変わっていないのに体内は肥満状態になってしまっています。

 

 

今日はそのサルペコニア肥満の対策をご紹介します。

 

 

サルペコニア肥満の原因は運動不足からくる筋肉量の減少と脂肪の増加です。

 

 

そうなると、すべきことは、

 

てらだいらが毎度発信していてなんの面白みのないことです。

 

 

 

 

 

そうです。

 

 

 

 

 

 

食事改善と筋トレです。

 

 

 

 

 

これがやっぱり王道なんですよね~!!

 

 

 

 

 

食事は3大栄養素である、たんぱく質、脂質、糖質の中で、

 

たんぱく質の量を増やし、糖質の量を減らすことが大切です。

 

すっごく簡単に言うと、

 

 

お肉やお魚をいつもより多く食べて、

 

お菓子や菓子パンは食べるのを辞めて、
お米の量を減らしてください。

 

(夕飯のお米を抜いたりする事から始めるとお勧めです。)

 

 

 

そして、たんぱく質を多く含んだ食事は、
筋トレ後の20~30分位の間に食べるとより効果的です。

 

 

 

 

<たんぱく質>

・動物性たんぱく  (鶏肉、牛肉、魚介類、卵など)

・植物性たんぱく  (大豆製品などの豆類など)

<脂質>

・動物性脂肪
(牛バラ、サーロイン、豚、チーズ、動物性生クリーム
さば、マグロ等)

・植物性脂肪
(サラダ油、オリーブオイル、ナッツ類、アボガド等)

<炭水化物>

・穀類
(パスタ、うどん、白米、とうもろこしなど)
・根菜類 (いも類、カボチャ、レンコンなど)

 

 

徳山先生のブログから抜粋

 

 

 

そして、絶対にやっていただきたくないことは、

食べないで痩せようとすることです。

 

 

 

 

食べないで痩せようとすると、

体に栄養が入って来ないので、

そのエネルギーを体内から補おうとします。

 

 

この時、脂肪をエネルギーにしてくれるのならいいのですが、
食べないでいると体は、脂肪をエネルギーにするよりも筋肉をエネルギーにしてしまうんです。

 

 

 

 

すると、どうなるか?

 

 

 

 

筋肉が痩せて、脂肪はほとんど燃えていないことに
なってしまいます!!

 

 

 

 

そうです!

 

 

 

食べない努力をしているのにも関わらず、

余計にサルコペニア肥満を増長させてしまうのです!!

 

 

 

これは悲劇です!!

 

 

 

ですので、食べないで脂肪を減らそうとすることは、
その努力の大きさに対して効果がないばかりか、
マイナスになってしまうので絶対にしないで下さいね。

 

 

 

 

 

次に大切になってくるのが筋トレです。

 

 

筋トレのことについて書こうとおもったのですが、

 

今日の内容が長くなってしまったので、また次回書きますね!

 

 

 

 

 

また次回かよ~!!

 

 

 

 

あなたの人生を変える。人生最後のダイエット!
B3ダイエットの無料カウンセリングはこちらから

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)