【太っちょあるある大事典】階段編

てらダイエット日記〜40kgダイエットに成功した整体師がダイエットについて語ります。

東海市の整体院「体のバランス矯正院」
「B3ダイエット東海スタジオ」
の40㎏のダイエット経験をもつ整体ダイエットトレーナーの
寺平(てらだいら)です。

 


 

太っちょあるある大事典

~絶対に100㎏を超えたものにしかわからない世界がそこにはある~

【太って悩んでいる人の気持ちは太っていた人が一番わかるもの】

MAX113㎏あった
てらだいらが太っていた時に感じていた事、
実際に起こっていた出来事を太っちょ経験者だからこそ伝えれる
あるあるエピソードを語って行くシリーズです。

<今までのエピソード>

エピソード1 エレベーター編

エピソード2 電車編

エピソード3 爪切り編

エピソード4 体育座り編


 

今日はエピソード5 階段編です。

 

「太っちょ」+「階段」=息がすぐに上がる&しんどい

という公式が思い浮かぶと思いますが、

 

 

それでは当たり前すぎるので,
今日は少し違った視点の階段エピソードです。

 

 

てらだいらが113㎏あったころは、
まったくと言っていいほど運動をしていませんでした。

 

なのに、その巨体です。

 

体には何が起こっているかというと
著しく姿勢のバランスが悪い状態になっています。

 

腹筋は弱くお腹が突き出す。

太ももの前の筋肉で体重を支えるようになり
太ももの前の筋肉が硬くなり、疲れる。

腰の反りが強くなる。

腰の反りの強さを補うように背中は反対に丸まる。

首が前に傾きあごを突き上げた姿勢になる。

 

 

 

簡単にあげてもこれ位の歪みが出ています。

 

運動をしていないので全身の筋力不足。

 

今だから言えますが、
整体師でありながら腰痛や肩こり・頭痛がよく出ていました。

 

 

 

ここで、話を戻して、階段のエピソードですが、

 

そんな姿勢の悪い状態ですので、
階段を降りようとするとバランスが悪く
フラフラとふらつきます。

 

そして、

 

普通の体型の方は階段を降りる時は、
左足で降りたら、右足は次の段に出して降り、
また左足は次の段に出して降りるという左右交互に足を出しながら
一段づつ降りていきますよね。

 

これが、113㎏ある太っちょのてらだいらには出来ないんです!!

 

 

では、どうやって階段を下りていたか?

 

 

それは、左足で一段階段を降りたら、
右足でそのまま左足と同じ段に降りる。

 

そして、また左足で一段降りて、
右足で左足と同じ段に降りる。

 

 

この繰り返しです(苦笑)

 

 

 

そう!!

 

お尻の筋肉や足の筋肉が弱いことにより
重量オーバーの体を支える事が出来ない。

 

そのことにより足を交互に出して
階段を降りることが出来ないんです!!

 

 

なので、もし街中で階段を下りることに時間がかかっている
ふくよかな方を見かけましたら優しい心で見守ってあげて下さい。

 

 

よろしくお願いします!

 

 

そして、実はこれは太っちょだけに当てはまる事ではないんです。

 

お腹の大きい妊婦さんや、
変形性膝関節症をお持ちのヒザの悪いご年配の方も同じような事が
起こりやすいです。

 

なので、妊婦さんや膝の悪そうなご年配の方が
駅の階段を下りてらっしゃると自然に

 

 

「荷物をお持ちましょうか?」

 

と、体を支えようとする仕草をしながら
声をかける事が出来るようになりました。

 

声を掛けて喜んでいただけた時は、

あぁ、この体験を知っていて良かったなぁと、思える瞬間だったりします。

 

 

 

<今日の太っちょあるある>

階段を降りるときは、片足で一段ずつゆっくり降りる。
左右の足で交互に降りるとフラフラして危ない。

 

 

 

追記

最後にいい人アピールしてポイントをあげようとして

どうもすみません(笑)

 

 

※上記のエピソードはてらだいらが太っていた時に感じていたことです。

すべてのふくよかな人に当てはまるわけではございませんのでご了承願ください。

 

 

 

 

人生を変える。人生最後のダイエット!
B3ダイエットの無料カウンセリングはこちらから

 

 

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)